スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社の月刊経営情報誌・現代画報 選択的夫婦別姓に思う

報道通信社の報道ニッポンの記事で選択的夫婦別姓について取り上げられていました。いまや女性も結婚しても結婚前の姓を名乗り続ける人が多くなってきたように思う。私の友人もみんな改姓はしているものの、職場などでは結婚前の姓を名乗っている人が大半である。しかし今年賀状を書いているのだが、その大半のほとんどが年賀状は改姓後の名前で送るようにと言う。とても不思議なことである。どちらかに統一した方が楽ではないかと思ってしまう。
 職場では前の姓。病院では新しい姓。など、多くの女性が二つの名前を持っている。別姓は家族の崩壊につながるという専門家の意見もあるようだが、そんなことで家族が崩壊してしまうなら、そんな家族は作らない方が良いのではないかとさえ思う。シングルマザーの家庭で育った子供が必ず悪い道に入るわけではないように、成熟した社会というのは両親の姓が別であっても、気にするような世の中ではないはずだ。
 ただ心配なのは、役所の不安である。ただでさえお役所仕事の多くの公務員たちが、それは七面倒くさいと思うかもしれず、ますます多くの人材が必要だと言うかもしれない。民法を変えなければいけないということから、国会でも話し合われるのであるし、税金の無題使いにつながりかねないという問題もある。
 それでもこれから結婚するであろう私は姓を選べるならば選びたいと思う。私の場合は今の姓が言いづらいので、相手の姓が簡単な姓なら改姓したいと思っているのだが、そういう意味で選択できるというのは良い考えであると思う。二つを使い分けられる自由な社会があるなら、それが一番良いのだが。

現代画報 ベッドからの取材 現代画報社
報道通信社の取材 経営者の為の異業種ネット 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 wiki 現代画報は現代画報社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピーナツさん

Author:ピーナツさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。