スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報社 東欧で肥満児急増 ファストフードの普及のせいか

ファストフードが体に悪い、肥満になる原因であるは、いわば常識と言ってもいいのですが、それでも多少の疑問を持っている人はこの記事を読むと納得できるかもしれません。記事では、冷戦後のルーマニアの所得がどう推移してファストフード以外の食生活がどう変化したのかが明確でないので、多少の不透明感は残りますが、研究機関によって指摘されているからに、それらの要因はあったとしても取り除かれているのでしょう。
いきなり税金を課して消費を抑えこもうとするのは何か別の思惑を感じて、もろ手を挙げて賛成は出来かねますが、国民の健康を維持するのは為政者にとっては重要なことでしょう。
---以下、朝日新聞引用要約
東欧諸国で肥満児が急増している。東西冷戦後の20年で米国的な食文化が定着し、揚げ物や甘みの多い食品をたくさん食べるようになったからだ。ルーマニア ブカレストの研究機関によると、現在、国民の4人に1人が肥満。特に子どもで急増し、冷戦時代の2倍以上の8%に上る。肥満の一歩手前の「太りすぎ」も含めると、5人に1人が生活習慣病のリスクを抱えているという。 「ファストフード店の急増で高カロリーの食品を安く食べる習慣が根づいた」と指摘する。欧州連合(EU)加盟国の中で「最低ランク」の生活水準とされる同国では、所得の低い家庭ほどファストフードを利用する傾向がある。 そこで、ルーマニア政府は1月、業界の反発を押し切って「ジャンクフード税」導入方針を発表した。


月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年4月号のご案内 | 現代画報社
iceland.bex.jp 現代画報のグラビア雑誌 wiki 国際ジャーナル 国際ジャーナルの求人 国際ジャーナルの掲載企業 報道ニッポンを発見 : 報道ニッポン|めばえ 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報は現代画報社から出版されています 熊本県の不動産、賃貸住宅、住宅情報|ほづみ不動産 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際通信社の国際ジャーナル 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナル通信
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピーナツさん

Author:ピーナツさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。