スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル 計4人の日本人死刑囚に刑執行

中国遼寧省で麻薬密輸罪に問われ、死刑判決が確定した67歳、48歳、67歳の日本人男性3人
の死刑囚に対する計が4月9日の午前9時、中国遼寧省と大連で執行されたということです。

このことについては、在瀋陽日本総領事館などが明らかにしたものだそうです。

いずれも薬物駐車による執行とみられています。中国側は、67歳、48歳の死刑囚について執行
から13分後、そして67歳の死刑囚については25分後に日本領事館に連絡したということです。

3人の刑執行により、1972年の国交正常化後、中国で死刑を執行された日本人は4月6日の65歳
日本人男性の死刑囚を含めて合計4人となりました。短期間のうちの集中的な刑の執行に対して、
日本側で知友語句の司法のあり方に対する疑問が強まる可能性があるかもしれません。
また、対中感情にも微妙な影響が出ることになりそうだと、新聞記事で取り上げられていました。

3人の日本人死刑囚は2003年~2004年、瀋陽や大連の空港などで覚せい剤を所持しているところ
を逮捕されて、2007年8~10月に遼寧省高級人民法院(高裁)で刑が確定しました。
このうち、67歳日本人の死刑囚は2003年に中国で覚せい剤を約9キロ集めて、48歳日本人死刑囚
らの「運び屋」を使って日本への密輸を指揮したとされているということです。

薬物に関しては、日本でもよくテレビや新聞で報道されるニュースです。そして、以前には雑誌
現代画報」でも取り上げられていたように思います。国によって法律が異なると思うのですが、
日本から見れば「厳しいのでは」という意見が多いかもしれません。ですが、日本でも死刑とま
ではいかなくとも、今以上の厳しい刑にしなければ、薬物に関する事件は減らないかもしれない
と、私は思いました。


報道ニッポン インターネットで得する―詐欺にご注意
現代画報を求めて 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルの求人 国際ジャーナル wiki 報道ニッポン編集部のブログ・臨機応変(編) 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際通信社の国際ジャーナル 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 活魚問屋直営 フィッシュジャパン 現代画報は現代画報社から出版されています 現代画報のグラビア雑誌 現代画報との戦い:現代画報社 国際ジャーナルの掲載企業
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピーナツさん

Author:ピーナツさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。