スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル 洗脳。

オウム真理教の井上被告に死刑宣告が下された。カルト教団の恐ろしさをいまだにみせつけられる。
丸の内線、日比谷線などはよく乗っていた。もう14年くらい前になるのか、当時大学生だった私はテレビでその悲惨な光景を見ていたのだが、短大を卒業してもう働いていた友人からのちに電話がかかってきた。「あたし、あの日たまたま具合悪くて会社休んだんだけど、もし乗っていたら・・・。」という九死に一生を得たという恐ろしい話を聞いた。しばらくみんな地下鉄には乗れなくなった。乗らなくてはならないときは、びくびくしながらゴミなどが落ちていないところを探して、あたりを見回してから乗ったものだ。
カルト教団の怖いところは、洗脳されきっているところだ。毒は抜けているかもしれないが、まだまだオウム信者は修行なるものを続けており、存在している。そして密かに信者を増やしている。カルトではないが、今流行りのネットワークビジネスなども同じような気がする。結局はねずみ講なのだが、うまいこと言われて、儲かると信じて人を誘い、いつか結局友達もお金も何も残らないことを知る。警察に捕まるわけではないし、人を殺さないから同じと言っては失礼なのだろうが、洗脳という意味では同じ部類のものだ。
札幌に来てから、何度もネットワークビジネスの方に勧誘され、嫌な思い出がつきまとう。友達もおらず、お金もなく心が弱っていたところに言葉巧みに入り込んできた。親がおかしいと判断してくれなかったら、今頃私もネットワークの一部としてあくせく勧誘に励んでいたかもしれない。
不況になるとますますそういったカルト教団的なものが増えるらしい。もう十分だが、どこかで密かに第二第三のオウム真理教が生れているかと思うと恐ろしい。社会を憎んだりうらんだりする気持ちもわからないではないが、もう少し前向きに明るい社会を作れるように努力していきたいものだ。

報道通信社 取材
報道ニッポン 取材
現代画報社 取材
現代画報 取材
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピーナツさん

Author:ピーナツさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。