スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル|ペットの不思議なチカラ

以前、月刊グラビア情報誌「現代画報」に「アニマルセラピー」という
言葉が載っていたのを記憶しています。

今、「家でペットを飼っている」という家庭が多いのではないでしょうか。
犬、鳥、猫、ウサギ、ハムスター・・・。熱帯魚も飼われているかもしれませんね。

「ペット」というのは、どうしてこうも人間の心を癒してくれるのでしょうか。
純粋なきれいな目をして見られると、ほっとしませんか?
疲れて家に帰ると、玄関先で犬がしっぽを振って喜んでくれる・・・という言葉を
私は結構聞くんです。

以前、ある情報番組で放送されていたんですが、とある老人ホームに「ペット1日レンタル」
ということで、犬や猫、鳥などがレンタルされて、老人ホームの入居者をとても幸せな
気分にしていた場面が映っていました。
「とても楽しいです」「なんだか子供の世話をしているみたいな気分になる」などの
嬉しい声が聞けました。
ペットは、人を幸せな気持ちにする不思議なチカラをもっているんですね。

私は、子供の頃から犬を飼っていました。とても長生きしてくれました。
学校から帰ってくると、しっぽがちぎれてしまうんじゃないか・・・と思うくらい
しっぽを振ってくれました。
社会人になりたての頃、ストレスが溜まって家に帰ってくると「おかえり」と言ってる
ような感じの目で私を見つめ、しっぽを必要以上に振ってくれました。
その姿を見ただけで、疲れもストレスも吹っ飛んだ気がします。

今、私の家では子供が小さいものですから、子供に手がかかってしまってペットが飼えない
状態です。せいぜい、クワガタがいるくらいです・・・。

「ペットがいて当たり前」の生活が長く続いていた私には、とても寂しい気持ちがあります。
子供と出かけていて家に帰ってくると真っ暗な部屋で「シーン」としているのが
正直言って、いまだに慣れません。
「こんな時、犬がいてしっぽを振りながら来てくれたら嬉しいなあ」と思います。

今の私の楽しみは、ペットショップへ行って色んな犬や鳥、ウサギやハムスターを見て
心を癒すことなんです。
あと、子供が通園している幼稚園ではウサギが飼われているので、毎日触らせてもらって
心を癒しています。


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピーナツさん

Author:ピーナツさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。