スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社|責任

知人の家の近所で野良猫が何匹かいるそうです。

その野良猫に毎日、餌を与えているお年寄りがいるそうです。
自分の家の前には、野良猫の寝床のようなものをダンボールで
作って置いているそうです。
餌は家にあるものではなくて、わざわざお店でキャットフードや
缶詰を買ってきて与えているようです。

おかげで、毎年何匹も子供を産んで野良猫が増えていく一方だそうです。
増えた野良猫は、あちらこちらでうろうろとしているようですが、
よく知人の家の前だったり、そのご近所の家の前に寝転がってくつろいで
いたり、子猫におっぱいをあげたり、ひどい時にはおしっこをしていく
ようで・・・。

つい先日は、知人が玄関のドアを開けたら野良猫が勝手に玄関の中まで
入ってきたようなんですよ。とてもびっくりしたそうです。

近所の方々も、もちろん知人も本当に困っているようです。

ただ、その状況についてお年よりは知らん顔です。まるで、「うちで飼ってる
わけじゃないから」という顔をしているようですよ。

これってどう思いますか?

まず、野良猫がいるということは人間の勝手なんですよね。人間の勝手な理由で
捨ててしまう・・・それが「野良」になってしまうんです。

でも、その野良猫に餌をあげて寝床を作る・・・。この時点で、「飼っている」
と言えるのではないでしょうか。それを野放しでいるというのはどうでしょう。

近所の方々も困っているのに、どうして知らん顔ができるんでしょうか。

ひどい発言をするようですが、飼う気がないのであれば餌を与えないでほしいと
私は思います。餌を与えるのであれば、責任をもって飼う事。

今までペットとして飼っていた生き物を、勝手な気持ちで捨てたりするのは本当に
いけないことだと思います。一度、飼ったのであれば、最後まできちんと責任を
もって飼うべきだと思います


国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピーナツさん

Author:ピーナツさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。