スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップフォーラムより 愛し愛され生きるのさ

国際ジャーナルの巻頭特集は「“ふるさと”活性 地域ブランドの課題と将来」です。ふるさと=故郷・生誕地ではなく、現在自分が生活を営む場所、これから生活するであろう場所など人によっていくつもふるさとは存在するのだ、と「ふるさと」の定義についても考察していますね。父が転勤族だったために、生まれてすぐ引っ越し引っ越しを繰り返してきた人間には、「ふるさと」はありません。初めて親友ができた土地、1人暮らしを始めた町、子供を産んだ町、いろいろ愛着深い土地はありますが、ふるさとではないのです。終の棲家であっても、そこはふるさとにはならないでしょう。じゃあ、ふるさとの解釈をもっと広げて、地方分権の見地から見直すべきか、そうは思いません。別にふるさとという括りで地域を活性化させる必要はないんじゃないかと。例えば、都心になるけれど、自由が丘という町は自由が丘を愛する人たちの手で作られ、生かされ、守られている町です。「ゲゲゲの鬼太郎ロード」で有名な境港市は区役所が町おこしのために鬼太郎ロードを作って、商店街の人たちの工夫であそこまでの賑わいを手に入れました。



長らく株式会社現代画報社で働いている先輩が相談に乗ってくれないかと連絡してきました。
友人は旅行に出掛けた時に見つけたガンダム メガサイズモデルのプラモデルを購入したそうです。
今では結婚式や葬儀もインターネットから予約が出来るそうです。
もうすぐご友人の誕生日とのことで誕生日プレゼントは どのようなものが嬉しいのかなと悩んでいるようで、相変わらず友人思いだなと思いました。
親友が、CX180をとても気に入っていたそうで、撮影を楽しんでいるようで、旅行でもたくさん撮影したとの事でした。
他にもビタミンが良いと聞いては、ビタミンのサプリメントを購入したり、 不足しがちな栄養素を補うために比較しているそうです。
現代画報社 異業種ネットを作成していると言われた際に、お手伝いの意味も含めて情報を一緒に探したそうです。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューが報道ニッポン 報道通信社で読みました。時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」は面白かったです。
サイトを見ている際に見かけた広告の中には、住宅ローン 大阪と関連が有る内容も見られ、便利そうなローンが紹介されていました。
厳選されたお茶ということで掛川茶を選択した上で、自分に合うお茶がないか相談したようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピーナツさん

Author:ピーナツさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。