スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道通信社 ワールドカップ、審判の後悔

サッカーファンにとっては怒ったり喜んだりと心の振り子が大きくなるのが、審判の人たちの判定。2010年のワールドカップで7月11日に行われた、オランダ対スペインの決勝戦で主審を担当していたのが、イギリス人のハワード・ウェッブさん。ウェッブさんの話を聞くと、審判でもやっぱり自分の判定に公開することがあるのだなあと感じちゃいますよ。この試合でウェッブさんは、両チーム合わせて14枚のイエローカードを出したそうで、このことが試合後に物議をかもしだしちゃっているようです。ウェッブさんがロイター通信に語ったことに寄れば、ウェッブさんが心残りなのは、オランダ代表のMF、ナイジェル・デヨング選手を退場にしなかったことだけなのだそう。というのも、決勝戦の前半25分に、デヨング選手がスペイン代表のMFシャビ・アロンソに行ったファウル行為のことで、テレビのリプレーでも、高く上がったデヨング選手の足の裏が、シャビ・アロンソ選手の胸に入っているところがはっきりと映し出されていたそうですが、このデよング選手のタックル行為にレッドカードを出さなかったことを悔やんでいるよう。ウェッブさんがレッドカードを出さなかった理由は、決勝の前半早々に選手をひとり退場させるのが面倒だったわけではなくて、ファウル発生時にはシャビ・アロンソ選手の後ろにいたために、角度的に見えなかったのだということです。見えなかった行為を想像でレッドカードにすることができなかった、ということだそうですが、やっぱりしとけばよかった!って今さら後悔しても、ねえ。

国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報
報道通信社
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピーナツさん

Author:ピーナツさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。