スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊誌ザヒューマン 公認会計士受かったけれど、直面する就職難

不況も難関資格試験合格者にも襲っているようです。もっとも、07年から1000人程度であった合格者を約3.5-4倍に増員したためでもあるようです。このような傾向が続くと、資格を取る代償となる苦労に対して得られる利益が少なくなることになり、公認会計士への優秀な人材が逃げていくことになるでしょう。
企業の正しい会計処理が成されていることを監査する公認会計士の職責は重いと言えるのだが、その割には公認会計士の重みが業績悪化で削減される職種の一つである程度でしかないことは正しい会計処理が軽視されていることであるのかもしれません。国税庁に所属させて税務処理と企業会計処理の両方を見ることにする案は議論の余地がないほど荒唐無稽なのだろうか。もちろん、そうなった場合は国税庁の看板では拙いので名前の変更が必要になってしまうのだが、優秀な人材の確保には繋がるであろう。
---以下、読売新聞引用要約
難関国家資格、公認会計士の試験合格者が未曽有の就職難に直面している。企業などで2年以上会計実務を経験しないと公認会計士として登録できないため、就職は業務に就く必須条件だが、国が合格者を増やしたところに不況が襲い、金融庁は昨年の合格者2229人のうち数百人が就職できないと予測。このため、同庁は、昨年12月に試験制度などの見直しを行う有識者の懇談会を設置。今年の試験から合格者を2000人程度に抑制する方針を示している。




国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道通信社
現代画報
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
プロフィール

ピーナツさん

Author:ピーナツさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。