スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社の月刊誌国際ジャーナル 倒産件数が下回るという結果

新聞に載っていた記事なのですが、あるリサーチ会社が1月13日にまとめた
昨年1年間の全国企業倒産状況によると、倒産件数は前年と比べて13.9パーセント
減の1万3321件で、2年連続前年を下回ったそうです。

倒産件数が1万4000件を割り込んだのは、4年ぶりだそうです。
月ベースでは、昨年の12月まで17か月連続で前年と同じ月を下回って推移している
ということなのです。
「中小企業金融円滑化法」と「景気対応緊急保障制度」の2段構えの金融支援策が
効果を上げた格好になります。

原因別では、販売不振や売掛金などの回収何が原因となる「不況型」倒産が、構成比で
過去最高の82.9パーセントを占めました。
政策効果が薄れてきていて、年度末に向けて資産調達が困難な中小・零細企業を中心
に企業倒産は緩やかに増える可能性がある」という指摘もあるようです。

「倒産件数が下回った」とはいえ、倒産する会社はあるのです。多いのです。
これも「不景気」が原因なのですね。不景気に関しては、国際通信社から発行されている
雑誌にも様々な内容で載っていたように思います。
人々の暮らしがまだまだ苦しい状況です。明日が見えないという人も多いでしょう。
少しでも安心できる生活がほしいものですね。
目に見えるような対策はあるのでしょうか。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道ニッポン
現代画報社
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピーナツさん

Author:ピーナツさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。