スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊 本来の姿

国際ジャーナル1月号の巻頭特集は「医療界に広がるタブレットPC──進むIT化が医療を変える」です。タブレット型コンピュータのことをタブレットPCと呼ぶんですね。てっきりペン型マウスのタブレットのことだと思った(勉強不足!)。一年前に発売したPadはまさしくタブレットPCの代名詞と言っていいですね。周りで持ってる人はまだまだ少ないけど、きっと我が家にあったら完全に子どもの玩具になることでしょう、良い意味で。子どもはこういう新しいものに対してものすごく早いですから。デジタルネイティヴ、生まれながらにITに親しんでいる世代にとって、Padはセンセーショナルなものではないかもしれないですね。
医療界にとっては、センセーショナルというより「待ち望んでいたもの」の一つでしょう。デスクトップからノート、そして第4のスクリーンとして登場したIPadは医療現場で活用するのにピッタ
リのツールだと注目されています。Padで得られる操作されるような情報は、医術者側だけが共有するものではなく、患者とのコミュニーション、インフォームド・コンセントを更に推し進めるためにも開かれるべきでしょう。ITの原点は、人間の補助だと思うのです。ただ便利になるだけでは意味が無い。IT技術が医療において力を発揮するところに、本来の姿を見るのはそのためだという気がします。



国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道ニッポン
現代画報社
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピーナツさん

Author:ピーナツさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。