スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 月刊 景気の下方修正

財務省は1月26日に全国財務局長会議を開いて、各地域の2010年10~12月期
の経済情勢を踏まえて、景気の総括判断を前回報告の「持ち直し」から「足踏み状態」
に下方修正したのです。
エコカー補助金の終了など、政策効果の息切れによる企業の生産・販売活動の低迷が
主因となっているようです。
全11地域の景気判断は、自動車産業が集積する当会、関東など5地域で下方修正して、
他の6地域では据え置いたということです。

総括判断の下方修正は、2009年1~3月期以来の7期ぶりだそうです。
先行きについては、旺盛な外需を背景に持ち直しが着たいされる一方で、為替相場の
動向や失業率の高止まりが続く雇用情勢を下振れリスクに挙げたのです。

「下方」と聞いただけで、気分が滅入ってしまいます。なかなか脱出できない「不景気」
ですね。国際通信社から発行されている雑誌にも「不景気」に関する記事が様々な
内容で載っていたように記憶しているのですが、仕事がなかなか見つからずに犯罪を
犯してしまう・・・というある男性の特集が、テレビニュース番組で放送されていた
ところなのです。「悪いことをしてはいけないと分かっていても、仕事がないから」と
いう理由から罪を犯してしまうという話をしていました。

不景気といわれるようになってからの犯罪率がかなら多くなってきているように
思います。この状況を政府はどのように見ているのでしょうか。国民が苦しい生活を
しているということを理解してくれているでしょうか。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
本の紹介 「関西変身どころ」 | 国際通信社
国際通信社 取材
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピーナツさん

Author:ピーナツさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。