スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社グループの現代画報の対談記事 京極モノをiPadで

NHKの朝の連続ドラマ「ゲゲゲの女房」を楽しく見ています。

漫画家、水木しげる夫妻を描いたこのドラマは、極貧生活が、ちょっぴり上向き
になりはじめたところ。こないだまではリアルに貧乏神がしょっちゅう登場して
いましたね。

水木しげるの漫画に登場するのは、日本の民俗学上、由緒正しい妖怪たちばかり
。日本の風土や精神世界から生まれたキャラクターたちなのです。

妖怪好きを告白すると引かれることも度々ですが、このドラマのセリフにある「
怖いもんは面白い」という言葉は真実だと思います。

さて、その水木しげる氏を会長に、妖怪好きの文化人が集まって作っているのが
世界妖怪協会。水木しげる、荒俣 宏、京極夏彦、多田克己らが出席して、定期的
に世界妖怪会議を開催しています。開催も2008年で13回を数えます。

評議員の一人、京極夏彦の作品も妖怪をテーマにしたものが多く、書名にもズバ
リ妖怪の名前がよく入っています。

さて、その京極氏の新刊「死ねばいいのに」が講談社からすでに書店で発売され
ていますが、あの電子書籍、ipad用の電子書籍として発売されることになり、iP
ad用のアプリとしてiTunes Storeで販売されます。

現代画報2010年3月号の記事にも「電子ブックは出版不況脱却の救世主とな
るか」というものがありました。日本中にiPadブームを巻き起こしている電子書
籍。これからも目が離せませんね。



国際通信社Booksブログ
現代画報社 取材 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています wiki
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本通信 bモバイルSIM U300 6ヶ月(185日)使い放題パッケージ BM-U300-6MS |

日本通信 bモバイルSIM U300 6ヶ月(185日)使い放題パッケージ BM...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ピーナツさん

Author:ピーナツさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。