スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社の月刊誌・国際ジャーナル これからの決算発表会のあり方

インターネットを使って、個人が動画を楽しむ時代になっていると思います。
国際ジャーナルなどの紙の雑誌においても、これからはインターネット動画を使っ
た情報配信が必要になってくるかもしれません。例えば、Ustreamという
動画配信サービスがあります。これはなにかというと、インターネットを利用し
たライブ動画の配信サービスです。使うためにはユーザー登録が必要ですが、そ
れによって、ライブ動画の配信を無料で行うことができてしまいます。なかなか
便利そうなサービスですね。この仕組みを使って、これからは様々なイベント
が、まさにリアルタイムで中継されていくかもしれません。それに加えて、ユー
ザーは動画を見ながらツイッターでつぶやきを投稿する事もあるでしょう。まさ
に、双方向の仕組みと言えます。大企業においても、例えばソフトバンクなんか
では、運営するユーストリームへの出資を発表しています。また、自社の決算説
明会において、ユーストリームを使ったライブ中継を行っています。この決算説
明会のライブ中継を視聴した人は6000人程度と言われています。このような
決算発表会が、これからは主流になっていくのかもしれませんね。これからもイ
ンターネット動画の話題には注目したいと思います。







国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年11月号のご案内 | 国際通信社
movies.weblog.tc
スポンサーサイト
プロフィール

ピーナツさん

Author:ピーナツさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。